2022年スタート!「こどもみらい住宅支援事業」とはどんな制度?

2022年スタート!「こどもみらい住宅支援事業」とはどんな制度?

今年2022年、「こどもみらい住宅支援事業」という新しい補助金制度が設けられました。住宅をリフォームする場合、すべての世帯が対象です。
今回はこどもみらい住宅支援事業について、リフォームと新築の場合に分けて詳しく解説します。

■「こどもみらい住宅支援事業」とは

・こどもみらい住宅支援事業とは

子育て中の世帯や若い夫婦を中心に、各世帯が住宅の取得時に発生する費用の負担軽減をはじめ、省エネに特化する住宅の普及を目指すため、2021年11月末に新設された補助金制度です。省エネ性能を有する住宅の新築や購入、リフォームする世帯を対象に補助金が交付されます。

ただし、補助を受けるには、2021年11月26日から2022年10月31日までに契約の締結や着工、完了をしている必要があるため、注意しましょう。
また、補助金を受ける住宅が、新築かリフォームで対象の世帯が異なる点にも、注意が必要です。リフォームの場合はすべての世帯が対象ですが、新築の場合は子育て世帯・若者夫婦世帯に限られています。

子育て世帯は、申請した時点で18歳未満(2003年4月2日以降の出生)の子どもがいる世帯を指し、若者夫婦世帯は申請した時点で夫婦であり、また2021年4月1日時点で夫婦のどちらか1人が39歳以下である世帯を指します。

・リフォームの場合

住宅の所有者が発注者となり、上記の期間内に工事請負契約を締結し、一定の要件を満たすリフォームを完了したすべての方が対象です。ただし、自ら居住しない場合、DIYでリフォームした場合、申請額が5万円以下などの場合は対象外です。

【対象の工事】

<必須工事>
窓・ドアの断熱リフォーム、外壁・屋根・天井・床の断熱リフォーム、エコ住宅設備を設置のいずれか

<任意工事>
子育て対応リフォーム、耐震リフォーム、バリアフリーリフォーム、空気清浄機能・換気機能付きエアコンの設置、リフォーム瑕疵(かし)保険などの加入

※任意の工事のみでの申請は受け付けられません。

【補助額の上限】

<子育て世帯・若者夫婦世帯>
中古住宅を購入してリフォームした場合 1戸あたり最高60万円
その他のリフォーム 1戸あたり最高45万円

<子育て世帯・若者夫婦世帯以外の世帯>
安心R住宅を購入してリフォームした場合 1戸あたり最高45万円
その他のリフォーム 1戸あたり最高30万円

※安心R住宅とは、新耐震基準を満たし、既存住宅売買瑕疵保険の基準に適合している住宅を指します。

・新築の場合

新築住宅は「注文住宅の建築」と「新築住宅の購入」が該当します。中古住宅の購入、完成してから1年以上が経過した住宅、子育て世帯・若者夫婦以外の世帯、自らが居住しない場合、延床面積が50m²以下、省エネ性能の条件を満たさない場合などは対象外です。
また新築住宅を購入する場合は、「宅地建物取引業」の免許を有する事業者からの購入に限ります。

【対象の住宅】

ZEH(全種類)、高い省エネ性能を有する住宅、一定の省エネ性能を有する住宅のいずれか

【補助額】

ZEHに該当する場合 1戸あたり100万円
高い省エネ性能を有する住宅に該当する場合 1戸あたり80万円
一定の省エネ性能を有する住宅に該当する場合 1戸あたり60万円

いずれの場合でも、申請は施工事業者や住宅販売会社が行います。
また、補助金は業者を通じて還元されるため、契約を取り交わす際は金額や時期などをしっかりと確認しておきましょう。

・他の補助金制度と併用できる?

こどもみらい住宅支援事業は原則として、国または地方自治体の補助金制度との併用はできません。ただし、リフォームの場合は、工事請負契約が異なる場合のみ併用できることもあります。

■他の補助金制度もチェックしよう!

他の補助金制度もチェックしよう!

・高性能建材による住宅の断熱リフォーム支援事業

高性能の断熱材や断熱窓を使用して既存住宅の断熱性能を高め、一定の要件を満たした際に利用できる制度です。

申請の公募は毎年5月頃から3回程度に分けて行われています。

・次世代省エネ建材支援事業

高性能の断熱パネルや、潜熱蓄熱建材などの次世代省エネ建材を使用して断熱性能を高め、同時に窓や玄関ドアなどもリフォームした場合に利用できる制度です。
申請の公募は毎年5月頃から3回に分けて行われています。

・ネット・ゼロ・エネルギーハウス(ZEH)支援事業

ZEHとは、太陽光発電によって生み出したエネルギーを、住宅で消費することを目的とした「エネルギー収支ゼロ住宅」です。戸建て住宅の新築、新築建売住宅の購入、自らが所有する既存住宅のリフォームなどの場合に利用できます。

申請の公募は毎年5月頃から4回に分けて行われています。

・長期優良住宅化リフォーム推進事業

耐震・省エネ対策やバリアフリー改修、住宅の長寿命化に貢献するリフォームなどを行い、一定の要件を満たした際に利用できる制度です。

期間は契約締結から完了までの工程を期間ごとに区切って受け付けられているため、細かいスケジュール調整が必要です。

※募集が終了していても、新たに情報が更新される可能性もあります。詳細は制度を実施する各団体のホームページで最新の情報をご確認ください。

■補助金制度を使用する際の注意点

補助金制度を使用する際の注意点

・申請のタイミング

こどもみらい住宅支援事業の場合、申請できる期間は約1年間です。申請のタイミングが遅れないよう、契約締結から工事完了までの時期をしっかりと把握しておきましょう。

・最新の情報を調べてから

申請に必要な条件や補助金額などの情報は毎年同じとは限りません。過去の情報ではなく、最新の情報を調べてください。

こどもみらい住宅支援事業についてもう少し詳しく知りたい、他の制度で不明な点がある場合は、工事を依頼する業者へ相談しましょう。

アートリフォームでは、補助・助成に関する疑問や質問にも対応しております。リフォームに関するご相談はぜひ、アートリフォームまでお寄せください。

資料請求にて、施工事例集プレゼント中!まずはお気軽にご相談ください。お問い合わせはこちら 資料請求にて、施工事例集プレゼント中!まずはお気軽にご相談ください。お問い合わせはこちら ご相談・お見積り無料!資料請求・見積依頼・来店予約・オンライン相談など、まずはお気軽にお問い合わせを! ご相談・お見積り無料!資料請求・見積依頼・来店予約・オンライン相談など、まずはお気軽にお問い合わせを!