【減築の基礎知識】減築をすることで得られるメリットがある!

減築は年々ニーズが増えています。なかには「どうしてお金をかけてわざわざ家を狭くするの?」と疑問に思われるかもしれません。しかし、減築をすることで得られるメリットもあります。

今回は減築の必要性やメリット・デメリットのほか、減築を考えるうえで必要な知識についてご紹介したいと思います。

■減築とは

まずは減築についてご説明させていただきます。

・減築とは

減築とは、住宅のリフォーム・改築を行って「床面積を減らすこと」を意味し、増築の対義語として使われます。

具体的には2階建てを平屋にしたり、使用しない部屋を取り払ったりといったことが減築にあたります。

・減築は何故必要?

大きな家を、わざわざお金をかけて小さくするのは勿体ない気がしますよね。

ですが、減築する理由は依頼主にとって切実な悩みともいえます。

内閣府が発行している高齢者白書によると、持ち家に住んでいる高齢者はとても多く、「広すぎる住宅の手入れは高齢者にとって負担が大きい」との理由から減築を希望する方が多いようです。

■減築のメリット・デメリット

減築にはどのようなメリットやデメリットがあるのでしょうか。こちらで具体的にご紹介いたします。

・メリット

使っていない部屋や住居の一部を減らすことでメンテナンスの必要がなくなり、身体的な負担を減らすことができます。ほかにも建物自体が軽くなり、耐震性が向上するという点も地震が多い日本では大きなメリットといえます。

費用面では、減築により冷暖房効率が良くなり電気代を抑えることに繋がります。固定資産税の軽減も大きなメリットになります。

・デメリット

建物を一部だけ解体するため重機が使用できず、手作業での解体となり人件費がかかります。2階建て住宅を平屋にする場合は足場を組む必要があるため、足場代などのコストが大きくなりがちな点も大きなデメリットといえるでしょう。

また、工事中は粉塵や騒音、振動があり、そのまま暮らすことはできません。仮住まいの用意や家財道具・荷物の整理といった手間が必要になります。

■減築にかかる費用とは

減築はどれくらいの費用が必要になるのでしょうか。また、使用できる助成金やローンはあるのでしょうか。

・減築にかかる費用相場

目安ですが、減築の費用は施工面積1㎡あたり10~15万円くらいだといわれています。

工事内容によって差が出やすく、場合によっては1㎡あたり20万円を超えることもあります。特に2階建て住居を平屋にする場合は足場を組まなければならず、高額になる可能性があります。予算が気になる場合は施工業者と相談して、詳細な見積もりを出してもらうことをおすすめします。

・減築で使える補助金やローンとは

<耐震補助金>

減築の理由が耐震工事のためと認められれば補助金を利用することができます。傾向としては2階建てを平屋に減築した場合に認められることが多いようです。

<住宅ローン>

減築のために住宅ローンを組むことも可能です。

リフォームローンを利用することもできますが、返済期間などを考えると住宅ローンの方が利用しやすいかもしれません。どちらのローンを利用するか迷ったときは、施工業者や金融機関に相談してみてはいかがでしょうか。

減築は高齢者が増えるこれからの日本で珍しくないリフォームとなるのではないでしょうか。高齢になって広い住宅を手入れし続けるのは非常に労力がいりますし、固定資産税の支払いを考えると減築を選んだ方が良い場合もあります。

アートリフォームでは減築に関するご相談も受け付けております。

減築にご興味がありましたら、是非アートリフォームまでご相談ください。