おしゃれなリフォームキッチンの作り方・デザインや収納術はこれ!


キッチンは日常的によく使う部分なので、飽きの来ないおしゃれなデザインにしたいですよね!
これからキッチンリフォームを考えているという方に向けて、おしゃれなキッチン例や収納術、照明選びなどを解説します。是非、参考にしてくださいね!

■おしゃれ感バツグン!① キッチンリフォームのデザイン例

・カフェスタイルのキッチンリフォーム

キッチンをカウンター式のカフェスタイルにすると、家族で楽しく会話をしながら食事の準備ができますよ!
特に小さな子供がいる家庭の場合、様子をみながら支度ができるので安心です。
収納スペースの色や形にこだわり、見栄えがする食器や雑貨を飾っておくだけで、カフェ風な雰囲気を演出できますよ。
カウンターキッチンに木製を選ぶと温かみあるカフェの雰囲気に、ステンレス素材を選ぶと都会的なモダンカフェ風に仕上がります。

・北欧スタイルのキッチンリフォーム


北欧スタイルのキーワードは「シンプル」と「温かさ」です。
随所に木を取り入れることで、和やかで温かみある北欧スタイルのキッチンへと生まれ変わります。

アクセントとして背の高い観葉植物やカラフルな雑貨、モザイクタイルを配置するとシンプルでセンスの良いキッチンコーディネートになります。

・ナチュラルスタイルのキッチンリフォーム

明るい雰囲気が漂うナチュラルなキッチンは、人気の王道スタイルです。
キッチン全体を明るい色みで統一させ、木の質感が活きるフローリングや引き出しで素朴な印象を演出しましょう。
キッチン側に大きな窓をつくると、太陽の光や風を感じられる心地よいキッチンになります。

■おしゃれ感バツグン!② おしゃれな収納術

・食器を見せる収納方法

食器棚の扉をなくし、あえて食器を見せることでおしゃれな雰囲気が高まります。
食器のデザインを統一する、種類ごとにまとめて収納するなどの工夫で見た目がスッキリします。

・調理器具を壁につるす収納方法

頻繁に使う調理器具は吊るして収納しましょう。スペースの有効活用ができるだけでなく、おしゃれに見えて一石二鳥。シンプルなデザインの器具なら生活感が出にくくなります。

・雑貨と組み合わせる収納方法

調味料の容器を揃えてラベルを貼ると見た目も使いやすさもアップします。
ランチョンマットやカトラリーはバスケットに入れて収納するとセンスを感じられます。
バスケットに入れておくだけでまとめて持ち運べるというメリットもついています。

バスケットは天然素材がおすすめです。

■おしゃれ感バツグン!③ キッチンの照明選び

・光と影のアクセントを重視

明るい光は食事をおいしそうに見せてくれますが、リラックスしたいときには不向き。落ち着いた光が欲しくなります。
おすすめはシーリングライトとダウンライトやペンダントライトの組み合わせ。光と影のアクセントをうまく使うと、居心地のよいキッチンが作ることができます。

・間接照明と直接照明を使い分ける

照明が1つだけの場合、強い光が必要になります。強い光は明るくなりすぎて眩しいので、間接照明を併用して光の強さを調整できるようにするのがおすすめです。間接照明は反射光を利用するので温かみが感じられます。

キッチンをリフォームするときは、コンセントの数を増やしておくことをおすすめします。
コンセントが多ければ、キッチンの足元に暖房を置いたり、好きなところで調理器具を使ったり、掃除のときに移動する回数が減って動線がスムーズになります。

リフォーム会社にはたくさんの施工事例がストックしてあります。
具体的なイメージが固まらない、キッチンリフォームの費用が知りたいというときは積極的にアドバイスをもらってみましょう。
家族全員が使いやすいキッチンリフォームを目指してくださいね。