マンションの玄関ドアをリフォームしたい!どんなリフォームができる?

マンションの玄関ドアをリフォームしたい!どんなリフォームができる?

マンションにはリフォームが可能な場所の制限があります。専有部分ならリフォームが可能ですが、果たして玄関ドアはどういった扱いになるのでしょうか。
今回はマンションの玄関ドアリフォームについてご紹介いたします。

■リフォーム前にここに注意!

リフォーム前にここに注意!

マンションの玄関ドアをリフォームしたい場合は、これからご紹介する4点についてご注意ください。

・リフォームができる範囲について

マンションでは共有部分と専有部分に分かれており、共有部分には基本的に手を加えることができません。共有部分はマンションの通路だけではなく、窓のサッシなども該当します。
玄関ドアの場合、外側は共有部分、内側が専有部分になるのでリフォームができる場所は内側だけです。そのため、勝手に扉を交換することなどはできません。

・必ず確認や申請を行う

マンションではリフォームを行う場合、管理組合や管理会社への申請・確認が必要です。そのため、管理組合から許可が下りれば、玄関ドアの交換は可能になります。ただし、マンションは窓や扉を統一することで外観を美しく保っています。仮に交換の許可が下りた場合でも、外観への配慮は必要です。特に分譲マンションは区分所有者全員の共有資産になっているため、慎重に行うことが求められます。

・周辺への配慮をする

マンションの場合、リフォームを行うことで少なからず近隣への影響があります。音や振動のほか、見知らぬリフォーム業者の人間が何人も出入りすることで不安を覚える住人がいる可能性もあります。そのため、周辺には事前にリフォームを行うことや、工事の日にち・時間帯を連絡しておきましょう。特に両隣、上下、斜め向かいには丁寧に説明しておくことをおすすめします。

・自宅の中が見えることへの対策

玄関ドアのリフォームの際に気を付けたいのが、場所の関係上どうしても工事中は玄関が開きっぱなしになってしまうことです。玄関から部屋までの距離が近い場合、部屋の様子が廊下から丸見えになってしまうこともあります。
そのため、工事の際はのれんなど目隠しになるものを用意しておくと良いでしょう。

■マンションの玄関ドアリフォームでできること

マンションの玄関ドアリフォームでできること

マンションの玄関ドアでできるリフォームについて5種類ご紹介いたします。

・カバー工法

今まで使っていた玄関ドアの枠の上に新たに枠を重ねて付けることで古い枠が隠れ、玄関ドアを新しくしたように見える工法です。枠を分けている別体枠と、一体になっている一体枠の2種類があります。費用相場はおよそ30万円程度です。

・持ち出し工法

既存の枠の外側に新規の枠を取り付ける工法です。枠が外側に移動するため、構造上どうしても扉が出っ張ってしまいますが、これまでと同じ大きさの玄関ドアを使うことができます。費用はおよそ40万円が相場です。

・玄関ドアの交換

許可が出た場合は玄関ドアを丸ごと交換するリフォームも可能です。ドア枠を触る必要がなく、玄関ドア本体のみを交換すれば終わるため、非常に工期が短い特徴があります。早ければ1時間もかかりません。

ただし枠は既存のままなので、古い印象が変えられないこともあります。ドアだけが新しくなるため、ちぐはぐな印象を受ける可能性もあるでしょう。
玄関ドアの費用が大半を占めており、相場は15~25万円程度です。ドアの素材など種類によっては高額になることがあります。

・フィルムを貼る

玄関ドアにフィルムを貼ることで印象を変えるリフォームもあります。玄関ドアは既存のままなので、断熱性や防音性が変わることはありません。性能はそのままで見た目が変えられるため、自分好みの玄関ドアに仕上げることができます。
フィルムは内側にだけ貼ることもできるため、共有部分にも影響が出にくいというメリットがあります。費用は片面6万円からが相場です。

・内側を塗り替える

玄関ドアの印象を変えたい場合は、内側だけを塗り替える方法もあります。ただし、アルミなどの素材によっては塗り替えが難しいと断られてしまうこともあるため、依頼する業者選びが重要です。
費用は木製ドアの場合は2~10万円、金属製ドアの場合3~7万円が相場です。

■玄関ドアはどう選ぶ?素材の種類と特徴

玄関ドアはどう選ぶ?素材の種類と特徴

玄関ドアには、さまざまな素材が使用されています。各素材の特徴をご紹介いたします。

・木製ドア

木製ドアならではの質感と見た目の温かさが印象的です。木目の風合いや塗装によってオリジナリティの溢れる玄関に仕上がります。木は断熱性や調湿性があり、結露が発生しにくいのも特徴です。

ただし、環境により劣化しやすいので、定期的にメンテナンスをする必要があります。

・アルミ製ドア

アルミ製ドアは軽量のため開閉しやすく、比較的手頃な価格でリフォームできるのがメリットです。デザインが豊富なことから、最近では主流になっています。サビに強く、汚れたら拭き取るだけの扱いやすさも人気の理由です。
また、熱伝導率が高く、触れた際に熱さや冷たさを感じやすい特徴もあります。ドア内部に断熱材を詰めたものを選ぶと、断熱性の向上が期待できるでしょう。

・スチール製ドア

スチール製ドアは加工がしやすく、価格が安定しています。シンプルなデザインが多いので、スタイリッシュな玄関へリフォームしたい方におすすめです。多くのマンションやホテルで使用されるほど安全性に優れており、防火性や防犯性、防音性は申し分ありません。

デメリットとして、重量があるため開閉時は重く感じるほか、断熱性が劣ることも挙げられますが、軽量化されたものや断熱加工された製品もあるので、ぜひご検討ください。

・ステンレス製ドア

サビにくく日差しに強いので、雨や雪の多い地域や海の近くに住んでいる方はステンレス製ドアがおすすめです。

ドア全体にステンレスを使用して耐久性を高めた製品や、ゆっくり閉まる装置を備えた製品、内部に断熱材を詰めた製品など、さまざまな種類があります。メタリックな質感を好む方には人気があるものの、選択できるデザインの少なさがデメリットです。

■玄関ドアだけじゃない玄関リフォーム

玄関ドアだけじゃない玄関リフォーム

玄関ドアと同時に内装や収納もリフォームし、玄関の機能性も充実させましょう。

・玄関を広げたい

既存の下駄箱を撤去して玄関を広げることも可能です。玄関が広くなると、身支度がしやすくなるほか、家族みんなで出かける際や来客時でも広々と使えるため、窮屈な思いをしません。リフォーム費用は、40~100万円程度が相場です。

ただし、マンションの場合、下駄箱を撤去するには事前に管理組合の許可を得る必要があります。そのうえで防音対策までしっかりと行いましょう。

・収納スペースを増やしたい

新たに収納を設けるなら、大容量のシューズクロークを設置したり、廊下沿いに収納棚を設置したりするリフォームがおすすめです。シューズクロークを設置した場合、傘やレインコート、アウトドアグッズなど高さのあるものもまとめて収納できます。おしゃれな玄関へリフォームしたい場合は、廊下沿いに収納棚を設置するのもよいでしょう。

リフォーム費用は、シューズクロークの設置が20万円程度、収納棚の設置は大きさに応じて15万円程度が相場です。

・クロスや床材を張り替えたい

玄関の内装をリフォームし、一気に雰囲気を変えるのもおすすめです。明るい色のクロスに張り替えて玄関を広く見せたり、機能性壁紙を採用して湿気やカビを抑制したりするリフォームもあります。

また、床材にもさまざまな種類があり、なかでもバリアフリーを意識して滑りにくい素材へのリフォームが人気です。

クロスの張り替え費用は、面積の合計が45m²の場合4~7万円程度、床材の張り替え費用は、15~25万円が相場です。

■より開放感のある玄関を叶えるポイント

より開放感のある玄関を叶えるポイント

玄関を開放的に見せる工夫をご紹介いたします。

・鏡を設置する

鏡に玄関のスペースが映り込むことで、奥行きが出てより広く見せられます。鏡は身支度の際にも使えるので一石二鳥です。

・照明を工夫する

玄関内の照明は、ダウンライトなど天井に埋め込むタイプを選ぶとすっきりとします。足元を照らす間接照明も併用すると、玄関全体に明るさが広がり、おしゃれな演出も叶うでしょう。

・下駄箱の選び方

玄関を広く見せるには、下駄箱の下に空間を設けたフロートタイプがおすすめです。土間の利用面積が広くなり、また扉の開閉時も脱いだ靴が邪魔になりません。

さらに明るい色を選ぶと下駄箱の存在感が薄くなるので、圧迫感も減らせます。クロスの色とも自然に調和してくれるでしょう。

マンションは玄関ドアのリフォームが難しいといえますが、内側だけでもリフォームできればインテリアや気分に変化をもたらしてくれます。
マンションの玄関ドアのリフォームはアートリフォームにご相談ください!

 

資料請求にて、施工事例集プレゼント中!まずはお気軽にご相談ください。お問い合わせはこちら 資料請求にて、施工事例集プレゼント中!まずはお気軽にご相談ください。お問い合わせはこちら ご相談・お見積り無料!資料請求・見積依頼・来店予約・オンライン相談など、まずはお気軽にお問い合わせを! ご相談・お見積り無料!資料請求・見積依頼・来店予約・オンライン相談など、まずはお気軽にお問い合わせを!