増築の相場はいくら?増築リフォームのコストと注意点をまとめましたリフォーム・リノベーション会社はアートリフォーム

子どもが生まれた、親と同居することになった・・・など一緒に住む家族が増えた時に考える増築。立て直しするより、増築リフォームをした方が安く済みますが、そもそも増築リフォームの相場ってどれくらいなのでしょう?今回は増築の相場、知っておきたいこと、費用を抑えるためのコツをお伝えしていきます。この記事を参考にして、増築を成功させましょう!

 

■増築リフォームの相場はいくら?

増築するにあたって、気になるのは相場ですよね。床面積を増やして新たな空間を作る増築は、設備の導入も含めると、費用は高くなりがちです。

主な増築リフォームの費用相場をみていきましょう。

・水回りの増築

・トイレの増築:70~200万円程度(広さ約1帖の場合)

・浴室の増築:75~250万円程度(広さ約2帖の場合)

水回りの増築リフォームは、配管の工事が必要なので、費用は高めです。

2階以上に設置する場合は、配管を追加する工事も必要となるので、さらに高額となります。予算計画はしっかり立てておきましょう。

・部屋や離れの増築

1階に部屋や離れを増築する際の相場は、1帖あたり25~65万円程度です。施工面積が広くなれば、割安になる傾向があります。

内装をどこまでこだわるか、また収納の有無によって費用が変動します。

・2階部分を増築

2階を増築する場合、1階部分を補強して耐震性を保つ必要があります。さらに屋根を解体し、作り直す作業もあるので、1階部分を増築する場合よりも金額は高くなります。

相場としては1帖あたり50~100万円程度です。

どのような部屋にするのか、水回りの設備が必要か、によっても価格は変わってくるので、1階の補強にかかる費用がどの程度になるのか、見積もりの際に確認しておきましょう。

■増築リフォームで確認しておくべきこと

増築リフォームを行う前に、知っておくべきことをお伝えします。

・建ぺい率

建ぺい率とは、建築床面積が敷地面積に対してどの程度占めているか?を表すもので、敷地に対してどれくらいの面積の建物が建てられるかが、地域によって決められています。

建ぺい率が50%の地域の場合、120㎡の敷地には建築床面積が60㎡までの建物が建てられます。

また容積率という指定もあり、建物を建てるにあたり、延床面積が容積率の範囲に収まっていなければなりません。

これらは自分で計算する必要はありませんが、希望通りに増築できない可能性があるということを覚えておきましょう。

・固定資産税

増築をすると不動産を新たに取得したことになるので、固定資産税が増税されます。

増築リフォームが完成した後、「固定資産評価基準」に基づいた家屋調査を受け、固定資産税が決定します。 確認申請が不要なリフォームであっても、工事終了後に市役所へ連絡をしましょう。

・確認申請

10㎡以上の増築をする場合、工事が始まる前に建築確認を申請し、審査を受けなければなりません。この増築の許可を得るための申請が「確認申請」です。

申請をせず勝手に増築を行うと違法建築となる可能性があるので、役所に確認してもらい、建築可能かどうかを判断してもらいましょう。審査完了までには1~2週間程かかるので、それまで工事を始めることはできませんが、重要な手続きなので、しっかり行うようにしてください。

■増築リフォームの費用を抑えるために

最後に、増築リフォームの費用を抑えるポイントをお伝えします。

・水回りの工事を避ける

相場でもお伝えしましたが、水回りの工事では配管の工事も必要となるので、リフォーム費用は高くなります。もし、介護の観点から水回りの設備を増やしたい場合は、今ある水回り設備から離れすぎないようにしましょう。現在の配管から離れると、排水に必要な傾斜が緩やかになってしまい、排水出来なくなる可能性が出てきます。

・離れは高額になることも

離れの増築は、新築住宅と同様の坪単価で金額を計算することが多いので、一棟分を建築する場合と変わらない費用がかかる可能性があります。

二世帯住宅を目的として、キッチンやトイレといった設備を入れるとなると、さらに金額は上がっていくので、目的と予算を明確にし、リフォーム業者と相談しましょう。

・予算をリフォーム業者へ伝えておく

予算をはっきりとリフォーム業者へ伝えておくと、リフォーム業者はその範囲内のリフォームプランを提案できるので、話がスムーズに進みます。

さらに、希望するリフォームの優先順位を決めておくことも、増築リフォームを成功に導く秘訣です。

予算や具体的な金額はできるだけ明確に伝えるようにしましょう。

 

■まとめ

いかがでしたか?今回は増築リフォームの相場や費用を抑える方法についてまとめました。

増築の計画を立てる際の参考にしてくださいね。