【玄関ドアリフォーム】自分に合った補助金制度はどれ?


玄関ドアのリフォームに使える補助金制度は多く存在します。制度によってそれぞれ内容が異なるため、まずは自分に合った補助金制度を知ることが重要です。
今回は、玄関ドアのリフォームで使える補助金制度について詳しくご紹介いたします。

■玄関ドアリフォームで使える補助金制度は?

玄関ドアリフォームで使える7種類の補助金制度を簡単にご紹介いたします。

・ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス(ZEH:ゼッチ)補助金

環境省、国土交通省、経済産業省の3つが連携している省エネ支援事業です。玄関ドアをリフォームすることで断熱性が向上する場合は対象です。補助額は1戸あたり60万円で、年間の一次消費エネルギーが0になる場合に利用できます。

・断熱リフォーム支援補助金

断熱性向上を重視したガラス、窓、断熱材を使用するリフォームを行う場合が対象です。対象経費の3分の1が該当し、上限120万円までが補助されます。マンションの場合は1戸あたり15万円が上限です。

・次世代省エネ建材支援補助金

省エネ、バリアフリー、耐震性など基準を満たしたリフォームを行う場合に利用できます。ただし、玄関ドア以外にも断熱改修を行わなくてはなりません。対象工事の2分の1が該当しますが、最低40万円以上の工事を行う必要があり、最大200万円まで補助されます。

・長期優良住宅化リフォーム補助金

長期的に暮らし続けられるよう、住宅の性能を向上させるリフォームを行う場合に利用できます。上限はリフォーム費用総額の3分の1で、改修後の住宅性能によって金額が決まります。

・介護保険の住宅改修費

玄関ドアを引き戸などに取り替える場合に利用できます。同居する家族に要支援・要介護の認定を受けている人がいればいつでも申請が可能で、上限は20万円です。玄関ドアの交換のみでも利用できます。

・グリーン住宅ポイント制度

特定のリフォームを行うことでポイントが発行され、貯まったポイントでさまざまな商品と交換できる制度です。交換対象商品には家電や食料品などさまざまな種類があり、追加工事の費用として使うこともできます。

・地方自治体による補助金制度

各地方自治体によって独自の補助金制度を設けていることもあります。利用条件や内容は自治体によって異なるので、気になる方はお住まいの地方自治体にお問い合わせください。

■補助金を申請する前に知っておくべきこと

玄関ドアのリフォームで補助金制度を利用する場合は下記の3点に注意してください。

・補助金制度は併用できる?

複数の補助金制度を利用したいと考える方もおられるかもしれませんが、基本的にはできません。ただし、補助金制度によっては、工事請負契約が別になっていればそれぞれで申請できることもあります。複数の制度を利用したい場合はリフォーム業者や、補助金制度の窓口で確認しましょう。

・申請のタイミングに注意する

補助金制度を利用するには、事前申請が必要になることがほとんどです。しかし、申請できる期間がそれぞれの制度によって異なっている点に注意しましょう。制度によっては予算に達した時点で終了することもあります。また、書類申請には1か月ほどかかることもあるため、早めに申請しておきましょう。

・補助金制度に詳しい業者を選ぼう

玄関ドアのリフォームで利用できる補助金制度は多く存在するものの、リフォーム業者が補助金制度に詳しくなければ、適した制度はどれか、また利用方法などの相談もできません。そのため、玄関ドアのリフォームで補助金制度を利用したい場合は、補助金制度に詳しい業者や、補助金制度の利用経験が豊富な業者に依頼することをおすすめします。

玄関ドアのリフォームで補助金制度を利用するなら、どの補助金制度が適しているのかを見極めることが大切です。アートリフォームには補助金制度について詳しいスタッフが在籍しております。補助金制度を利用したい方は、ぜひアートリフォームにご相談ください。

資料請求にて、施工事例集プレゼント中!まずはお気軽にご相談ください。お問い合わせはこちら 資料請求にて、施工事例集プレゼント中!まずはお気軽にご相談ください。お問い合わせはこちら ご相談・お見積り無料!資料請求・見積依頼・来店予約・オンライン相談など、まずはお気軽にお問い合わせを! ご相談・お見積り無料!資料請求・見積依頼・来店予約・オンライン相談など、まずはお気軽にお問い合わせを!