コーブ照明とはどんなもの?人気のコーブ照明でおしゃれな部屋に♪

おしゃれな照明には様々な種類がありますが、皆さんはコーブ照明をご存知でしょうか?コーブ照明は近年人気が高くなっており、住宅に取り入れる方も多くいます。

そこで今回は、コーブ照明についてご紹介したいと思います。

■コーブ照明とは

まずはコーブ照明がどのようなものかをご紹介いたします。

・コーブ照明はどんな照明?

コーブ照明は折り上げ天井の中に照明器具が設置されており、光を天井に当てて反射した光を照明として使う照明のことです。一般的にホテルのロビーや寝室などでよく使われており、高級感のある空間を演出してくれます。

・コーニス照明との違い

コーブ照明と似たもので、コーニス照明というものがあります。コーニス照明は光源を壁に当てることで壁面を明るく照らす照明です。明るい光が壁面をグラデーション状に照らすことで、広い空間に感じられるという特徴があります。

■コーブ照明のメリット・デメリット

コーブ照明にはどのようなメリット・デメリットがあるのでしょうか。こちらでご紹介いたします。

・コーブ照明で得られるメリット

コーブ照明は一度天井に当てた光を使うため、非常にやわらかい光になっています。眩しさを感じにくいので、書斎やベッドルームと非常に相性がいいといえます。また、リビングに取り入れることで落ち着いたリラックス空間になります。

コーブ照明は天井全体が照明になるため、天井が高く見えるというメリットがあります。やわらかい光なので天井に奥行きがあるように感じられ、高い天井に見せることも可能です。

コーブ照明最大のメリットはやさしいやわらかな光です。安眠効果やリラックス効果が期待できるので、落ち着いた時間を過ごしたい部屋に取り入れることで充実した時間を過ごすことができるでしょう。

・コーブ照明のデメリット

コーブ照明はやさしい光なので、コーブ照明だけを部屋に使うと部屋全体が薄暗い感じになることがあります。しかし明るくしようとコーブ照明の数を増やすと、今度は光熱費やリフォーム費用が高額になってしまいます。

コーブ照明はあくまでも間接照明なので、目的に合わせて使い分けることを考えておきましょう。

■コーブ照明を上手く取り入れるポイント

コーブ照明はどうすれば上手く取り入れることができるのでしょうか。最後にコーブ照明を取り入れるポイントを3つご紹介いたします。

・できるだけ同一の照明を取り入れる

コーブ照明を取り入れる場合、できるだけ同一の器具を使うということが重要です。種類を変えてしまうと、明るさや光の向きが変わってしまう恐れがあります。均一で美しい光を活かすためにも、あまり複数の照明を取り入れ過ぎないように気を付けましょう、。

・照明の先にできるだけ物を置かない

コーブ照明はやわらかい光で何もない場所を照らすことによってやさしい雰囲気の空間を作ります。しかし、コーブ照明の近くにエアコンや棚などの家具があると、反射して光の向きが変わったり、余計な影を作ってしまいかねません。インテリアによって光が途切れると、部屋が必要以上に暗く感じることもあります。コーブ照明を使う際は、周りにできるだけ何も置かないということを意識しましょう。

・光源をしっかり隠すこと

コーブ照明のやさしい光の魅力を最大限に活かすには、光源をしっかり隠すことが必要です。光源が見えてしまうと雰囲気が壊れてしまうだけでなく、眩しくて目が痛くなることもあります。解消するには、事前にリフォーム会社や施工会社によく間取りや作りたい雰囲気を話し合っておくことが大切です。インテリアコーディネーターなどがいる場合は、よりコーブ照明を活かした内装についてアドバイスがもらえますよ。

おしゃれなコーブ照明は住宅でも人気が高くなっています。自宅をまるで高級ホテルのように演出してくれるなんて素敵ですよね。

アートリフォームではインテリアコーディネーターも在籍しているので、ご要望に合わせたお部屋づくりも得意としております。

コーブ照明についてお困りごとがある方は是非アートリフォームまでご相談ください。