トイレにタイルが選ばれる理由は?見た目と機能を叶えるトイレタイル

 

職場や駅、ショッピングセンターなど公の場にあるトイレの床に目をやったことはありますか。
多くの場合タイルが使用されていますよね。実はトイレの床材をタイルにすることはとても理にかなっているのです。是非ご家庭のトイレの床もタイルにしてみませんか。
今回はトイレの床材に使用されているタイルについての内容です。

 

■トイレの床材にタイルを選ぶ理由

何故トイレの床材にタイルが選ばれやすいのかをご説明いたします。

・掃除のしやすさ

タイルの表面は凹凸が少なく、水を弾く特徴があるので、水はねなどは乾いた布で拭くだけで手軽に掃除ができます。水気がしみ込んでシミになってしまうということもありません。

 

 

・水気や洗剤に強い

無垢材などは水気に弱く、洗剤も使いにくい素材です。一方タイルは水気や洗剤に強いので、汚れが気になるときは洗剤を使って簡単に水洗いをすることができます。

 

・耐久性

トイレの床は水はねや湿気で非常に傷みやすい場所です。しかしタイルなら湿気や水気に強いので、長い間美しい状態で使うことができます。

 

・見た目

昔に比べると現在のタイルはバリエーションが豊富になりました。タイルの種類によっては木目調などもあり、便器や手洗い場の雰囲気に合わせてカモフラージュできます。

 

 

■トイレの床に使うタイルの種類

トイレの床材として使われやすいタイルにはどのような種類があるのでしょうか。こちらで4種類ご紹介いたします。

・陶器タイル

釉薬(ゆうやく)を塗った陶器タイルには美しい光沢があり、つるつるして凹凸が少ないので掃除がしやすくなります。強度は磁器タイルに劣りますので、強度を確認してからリフォームを考えましょう。

 

・磁器タイル

磁器タイルの素材の特徴として、非常に硬く耐久性が高いという点が挙げられます。汚れが付きにくいので、トイレの床材に非常に向いています。ただし、磁器タイルは冷えを感じやすいので、気になる場合はスリッパなどを用意しましょう。

 

 

・せっ器タイル

せっ器タイルは劣化しにくく、高い耐候性が特徴のタイルです。釉薬を塗っていないものは温かさを感じる印象ですが、掃除のしやすさを優先する場合は釉薬を塗ったものがおすすめです。

 

・フロアタイル

フロアタイルは塩ビ素材のタイルで、豊富なデザインから選べるところが魅力です。素材が若干柔らかいので耐久性は他のタイルに劣りますが、価格が安く施工も簡単なのでリフォームがしやすいというメリットがあります。

 

 

■トイレの床タイルをリフォームするといくらかかる?

最後にトイレの床タイルをリフォームするといくらかかるのか、相場をご紹介いたします。
ここではトイレの一般的な広さである1畳を目安にしています。

 

・ほかの素材からタイルにリフォームする

クッションフロアからタイルにリフォームする場合、床の解体と撤去費用が非常に低いため、およそ6万円前後でリフォーム可能です。ですが、タイルの種類などにこだわると費用は上がります。安ければ5万円台、高ければ12万円程度でリフォームできます。

 

・タイルからほかの素材にリフォームする

タイルからほかの素材にリフォームする場合は、タイルの解体費と撤去費がおおよそ1万5,000~2万5,000円ほどかかります。変更する素材がクッションフロアの場合だとコストは低くなりますが、フローリングだと高価になる可能性が高くなります。おおよそ7万円ほどでリフォームできます。安い場合は4万円以下でリフォームできることもあります。

タイルは見た目がおしゃれに仕上がるだけでなく、耐久性を保ちつつ手入れしやすいといったメリットがあるため、トイレの床材に非常に適しています。トイレの床材をタイルにリフォームしたいという方は、是非アートリフォームまでお気軽にご相談ください。