対面キッチンの一種であるカウンターキッチンとは?メリットや相場ご紹介

人気の対面キッチンのなかには、カウンターがついた「カウンターキッチン」が存在します。

「カウンターがあることで普通の対面キッチンと一体何が違うの…?」と思う方もおられるのではないでしょうか。そこで今回は、対面キッチンのなかでも人気が高いカウンターキッチンについてご紹介します。今後、カウンターキッチンを選ぶときのためにも、メリットなどをきちんと把握しておきましょう!

■カウンターキッチンとは

まずは、カウンターキッチンがどのようなキッチンなのかについてご紹介します。

・対面キッチンの一種、カウンターキッチンはどんなもの?

カウンターキッチンとは、ダイニングとの間に配置された“カウンターを設けたキッチン”を指します。

・カウンターキッチンは大きく2種類に分けられる

カウンターキッチンの種類は大きく2つに分けることができます。

<対面キッチン>

対面キッチンはキッチン側からリビング・ダイニングが見渡せる、開放感あふれるキッチンです。対面式にはL字型やⅠ字型など様々なレイアウトがあります。

<オープンキッチン>

オープンキッチンは周囲に壁や吊戸棚がないキッチンです。対面式よりもさらに開放感があり、年齢や性別を問わず非常に人気が高いキッチンです。

代表的な種類としては、アイランドキッチンやペニンシュラキッチンがあります。

つまり、対面キッチンとは、“カウンターがついているもの全て”がカウンターキッチンということになります。

■カウンターキッチンのメリット・デメリット

カウンターキッチンにはどのような特徴があるのでしょうか。

こちらでメリットとデメリットをご紹介していきたいと思います。

・メリット

リビング・ダイニングにいる家族とコミュニケーションがとりやすいというほかに、カウンターがあることで配膳や後片付けがしやすいというメリットがあります。また、調理スペースに皿を並べきれないときにカウンターが活用できる点もメリットといえます。

・デメリット

背丈の小さな子どもやペットがキッチンの内側に入ってしまうと、カウンターキッチンに隠れてしまい目が行き届きにくくなるということが挙げられます。また、リビング・ダイニングに油や水が飛んで床を汚しやすい、ニオイや煙が充満しやすい点もデメリットといえます。

メリットやデメリットは基本的に対面キッチンと同じです。しかし、カウンターがあることでメリットの方が若干上回ります。

■カウンターキッチンの相場と活用方法

カウンターキッチンにリフォームする場合、どれくらい費用がかかるのでしょうか。

・カウンターキッチンの相場

<対面キッチン>

費用はキッチンのグレードによって変わりますが、本体価格はおおよそ80万~100万円です。さらに、設置費用は水道管工事がない場合で30万円前後、水道管工事がある場合は60万円ほどかかります。

<オープンキッチン>

オープンキッチンの本体価格は30万~50万円ほどです。オープンキッチンは対面キッチンに比べて収納スペースがないので、本体価格が安くなります。

本体に加えて設置費用は水道管工事がない場合で25万円前後、水道管工事がある場合は50万円ほどかかります。

いずれも企業や施工会社によって相場が異なります。あくまで参考としてご覧ください。

・対面キッチンのカウンターを活用するには?

カウンターキッチンを上手く活用するための方法を2つご紹介いたします。

<収納スペースとして活用>

カウンター部分を“見せる収納”として活用する方法があります。

観葉植物を置いた側にグラスやマグカップをインテリアのように見立てればカフェのようにおしゃれな雰囲気を演出しながら見せる収納として活用できます。また、片付けが終わっていないときに来客があっても、カウンターにお皿を引くことで片付けの時間が短縮できます。

<単身・2人暮らしならバーカウンターとして活用>

単身者や2人暮らしなら、カウンター部分をテーブルの代わりにすることができます。

落ち着いた照明やキャンドルを灯せば、バーに来たような気分が味わえますよ。ちょっとお酒を飲みたいときにおつまみを並べると非常に雰囲気が出ます。

キッチンにカウンターがつくことで、普通の対面キッチンよりも使い勝手が良くなります。

カウンターキッチンに興味がある方は是非アートリフォームまでお気軽にお問合せください。