玄関ドアのリフォームの目安は何年?手軽な玄関ドアリフォームが話題

普通に生活していて、玄関のドアを使わない人はいませんよね。
毎日何人もの人が使用する玄関ドア。実は買い替え時かもしれませんよ。
今回ご紹介するリフォーム時期を見てピンときた方は、玄関ドアの交換を検討してみませんか。今どきの玄関ドアリフォームの技術は進歩し、とても手軽にできるようになりました。詳しい内容については最後までご覧ください。

 

■玄関ドアのリフォーム時期を知っていますか

まずは玄関ドアのリフォーム時期とメリットについてご紹介いたします。

・玄関ドアのリフォーム目安

玄関ドアは素材や形状によって寿命が異なります。そのため、築年数や以前のリフォームから目安となる年数があるわけではなく、玄関ドアの状態を見てリフォームを判断することになります。
錆びや変色、スムーズに開閉しなくなった、鍵がかかりにくくなったなど、使っていて不便や不安を覚えたときがリフォームの目安となります。一般的には築30年くらいでリフォームを考える方が多いようです。

・玄関ドアをリフォームするメリット

玄関ドアは外に晒されているため天候などの影響を受けます。玄関ドアを新しくすることで老築化の解消に繋がり、新しい住宅のような印象にすることができます。
また、最新の玄関ドアにすることで断熱性や防犯性の向上に繋がります。古い玄関ドアは劣化に伴い機能性が低下していますので、新しい玄関ドアにリフォームすることで問題の解決に至ることもあります。

 

■玄関ドアのリフォーム「カバー工法」が話題!?

玄関ドアのリフォーム方法で「カバー工法」というものがあります。ここではカバー工法がどのようなものかをご説明いたします。

・カバー工法とは

従来の玄関ドアリフォームは、壁と床を解体してドア枠を外さなくてはなりませんでした。カバー工法の場合、ドア枠を外すことなく既存のドア枠の上から新たに玄関ドアを付けることができます。

・これまでの工法との違い

従来の工法との違いは、施工に5日かかっていたものが1日で終わるということ、床や壁を解体しないので工事の音が発生しにくいこと、施工費用が安いことが挙げられます。

・カバー工法のデメリット

カバー工法は既存のドア枠の上から新たなドア枠を被せるので、開口部が5cm程度小さくなります。また、下枠にドア枠を被せるので段差ができてしまうことがあります。

 

■玄関ドアをリフォームする前にチェックしたいこと

玄関ドアのリフォームを考える際、以下の4点をチェックしておきましょう。

・玄関ドアのサイズ

玄関ドアのサイズはリフォームでもっとも大切な確認項目です。少しでも大きさが違うと取り付けることができませんし、サイズが合わなければ断熱性や防犯性が低下してしまいます。

・玄関ドアのデザイン

玄関ドアは住宅の外観印象を決める大きなポイントです。リフォーム前のデザインと大きく異なると、玄関ドアだけが浮いて見えてしまい失敗したと感じてしまうかもしれません。住宅の外観全体から似合うデザインを考えるようにしましょう。

・玄関ドアの断熱性

玄関ドアの断熱性が低いと、住宅内の冷暖房効率も低下します。断熱材が使用されているものや、外気をしっかり遮断できるものを選ぶようにしましょう。

・セキュリティ面が充実しているか

近年は空き巣などの手口が巧妙になっており、玄関ドアには防犯性の高さが求められます。
ピッキングに強いディンプルキーを採用したり、明かり窓がある場合は強化ガラスを使用したりと防犯策を考えておくことも大切です。

玄関ドアのリフォームは、デザイン性だけでなく防犯面などを向上させるためにも必要です。玄関ドアで気になることがあるなら、できるだけ早めに対応することをおすすめします。